スタッフコラム一覧ページへ

知らないと 怖い話!

2019年10月18日

マンションは購入すると同時に火災保険に加入する事になります。火災は勿論の事、漏水事故が発生しても階下の方の被害は保険で賄われます。但し、ご自分の所の配管などの修理代は保険では賄えません。自己負担になります。ですが、マンション全体の15%以上の漏水被害が出たり、漏水保証金額が膨大になった場合は、保険会社から加入を断られる事になります。どうしても保険に入りたいと懇願すると今までの保険料の4倍~6倍に保険料が跳ね上がります。管理費の殆どが火災保険料代になってしまうマンションもあります。これは現実問題で、直面して初めて分かるマンションの重大な問題点です。しかも専有部での漏水事故が多いという事に気が付いていない場合が多い。専有部は各人が責任を持って自己管理の範疇と誰もが思いがちですが、専有部での漏水が多発するとマンション全体の問題に発展して結局共有部問題と変わらない重大事項になるのです。そしてその専有部での漏水のトップとも言えるのが「給湯管」お湯の管です。お湯の管でも「銅管」、銅の管で小さなピンホールと呼ばれる孔が開き、漏水する事故が後を絶ちません。殆どが銅管での漏水と言っても過言ではありません。その銅管の漏水を防ぐ対策がない。漏水を止められない。のが今まででした。それを漏水を止める、漏水を起こさせない対策工事が当社では出来るのです。火災保険が値上がりする前に、漏水が多発する前に対策が出来る様になったのです。今まであまりにも多くの企業が研究すらやってこなかった分野です。マンションライフの救世主と言われる奇跡の工法をご提供できる様になったのです。知らないと怖い、本当の話です。

PAGETOP

日本リニューアル株式会社(リパイプ工法商標登録済み)
本社:
〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-11-22第一飛翔ビル TEL 0422-26-1117 FAX 0422-26-1118

Copyright (c) Nihon Renewal. All Rights Reserved.