ピックアップ Pick up

リ・パイプ ライニング工法のご紹介

水道管を取替える事なく、再生、再使用を行う画期的な延命対策工事がリ・パイプ ライニング工法です。

建築廃材が少なく無駄が出ないクリーンで、美観を損なわない工法です。

給水管を放置しますと・・

給水管を放置しますと どんどん劣化し、蛇口から赤水が出たり、本来の流量が確保できなくなったり、衛生的に好ましい状態ではなくなります。

それでも放置すると、極端に水の出が悪くなり 生活ストレスとなります。そして漏水事故という大惨事になります。

 

放置された給水管の中の錆こぶ群はバイオフィルム(生物膜)が蓄積して細菌が増殖してしまいます。残留塩素が少なくなったり水質を悪化する原因にもなります。

 

鋼管を使用している住まいでは 水道管のサビはこんな状態 にまで進行している場合が殆どです。水道の出が悪くなるばかりでなく、サビに バクテリアが繁殖し、健康 被害も懸念されます。

給水管更生工事を行なうことで、延命化ができ安価で財産保全ができます。

 

リ・パイプ ライニング工法は、水道管を取替えるのではなく、リニューアルして再使用を可能にします。

しかも安価で工期も短く美観も損なわない為、財産保全の有効な工法です。

工事は1日で済み、翌日に品質確認を行い終了します。 漏水に対して10年の保証が付きます。

リ・パイプ ライニング工法とは?

給水管(水道管)内の水を抜きます。 管内を乾燥させます。乾燥すると錆こぶは除去しやすくなります。 充分乾燥した後、専用研磨材で管内を研磨して、錆や付着物を除去します。

研磨は断続的に行い、2方向で研磨を行います。圧力計を読みながら研磨状況を確認します。研磨後、リークテストを行い穴あきやピンホールがないか検査します。

リークテストを終えたら、管内に水道用2液混合のエポキシ樹脂を投入し、高圧圧縮エアーでライニングをします。1方向でメーター側から水栓口の透明ホースに吐き出させます。各水栓も同じです。

水栓口からメーター側に2方向目のライニングを行います。その際、樹脂を投入してからライニングボールも投入します。メーター側でライニングボールを回収し、綺麗なライニング塗膜を形成します。

硬化促進剤を使用せず、自然常温硬化時間をたっぷりと取り、高品質塗膜を確立します。 完全硬化後、硬度試験、耐圧試験、通水試験、簡易水質試験、などを行い工事完了になります。

他社にはまねできない! リ・パイプ ライニング工法の特徴

当社だけの独自技術 スーパーライニングボール

 

当社独自開発したスーパーライニングボールにより、均一な塗膜施工を可能にしました。

 

※2012年6月に実用提案を取得。

施工前、施工後もプロがしっかりとサポート

 

 

各戸住居者様の工事スケジュールや、在宅確認も私たちがしっかりサポート。

安心漏水10年保証で工事後もサポートします。

大型設備機器による迅速な施工体制で臨みます。

熟練のスタッフと充実の設備で迅速に工事を行います。通常は施工は1日で済みます。

各種資料

サービス紹介カタログはこちら PDF  (2810KB)

PAGETOP

日本リニューアル株式会社
〒352-0034 埼玉県新座市野寺2-8-48 TEL 048-483-1117 FAX 048-483-1113

Copyright (c) Nihon Renewal. All Rights Reserved.