給湯銅管対策工事 リ・パイプ ブロック工法

リ・パイプ ブロック工法とは

プロもお手上げの給湯銅管の漏水に!救世主登場!「特許工法のリ・パイプブロック工法」なら、お宅の給湯管を床も壊さない、壁もそのままで漏水を止めます。

給湯銅管のピンホールを特殊なシリコンボールでふさぎ、漏水を止めます。 その後、耐熱塗料(エポキシ樹脂)でライニングして再びピンホールが出来ない様に                                                         

します。

 

リ・パイプブロック工法は今ある給湯銅管の緑青や汚れを特殊洗浄剤とフラッシング技術で綺麗に除去し、ライニング技術を駆使して漏水を防ぐこと、漏水を止めること、この画期的な事ができる唯一の工法です。

 

 

リ・パイプ(リパイプ)ブロック工法は2つの工法に分かれています。

ブロックⅠ工法

給湯銅管の漏水を防ぐ、漏水防止対策工事になります。

漏水を未然に防ぎます。96℃の耐熱塗料を使用します。

耐熱温度は重要な性能要素です。

実際の施工可能温度として60℃~70℃までに設定してあります。25℃~30℃位のクリアランスを取っています。

通常の塗料の耐熱温度は、60℃~70℃ですから、25℃~30℃のクリアランスをとるとせいぜい40℃以下の温度でなければ施工が出来ない事になります。

​塗料の耐熱性はその後の耐久性能を左右します。安価な見積りに惑わされるのではなく、あるべき品質の確保を優先し、安全な耐熱塗料と施工姿勢を考慮して下さい。

リ・パイプブロックⅠ 工法の作業フロー

工事は1日で終了し、2日間は短時間のテストで完了となります。
工事は1日で終了し、2日間は短時間のテストで完了となります。

リ・パイプブロック作業工程

リ・パイプブロックⅡ工法

給湯銅管の漏水穴を補修して再生させる工事になります。

漏水箇所を補修します。

リ・パイプ ブロック工法ご紹介特設ページ

リ・パイプ ブロック工法の特許技術のご紹介など、分かりやすいストーリー仕立てでまとめてあります。

 

>>こちらから

関連リンク

詳しくはこちらから

動画紹介

リ・パイプブロック工法 PV

PAGETOP

日本リニューアル株式会社(リパイプ工法商標登録済み)
〒352-0034 埼玉県新座市野寺2-8-48 TEL 048-483-1117 FAX 048-483-1113

Copyright (c) Nihon Renewal. All Rights Reserved.