給湯銅管対策工事 リ・パイプ ブロック工法

リ・パイプ ブロック工法とは

プロもお手上げの給湯銅管の漏水に!救世主登場!

「特許工法のリ・パイプブロック工法」なら、お宅の床も壊さない、壁もそのままで漏水を止めます。

給湯銅管のピンホールを特殊なシリコンボールで塞ぎ、漏水を止めます。 

その後、耐熱塗料(エポキシ樹脂)でライニングして再びピンホールが出来ない様にします。

 

リ・パイプブロック工法は今ある給湯銅管の緑青や汚れを特殊洗浄剤とフラッシング技術で綺麗に除去し、ライニング技術を駆使して漏水を防ぐこと、漏水を止めること、この画期的な事ができる唯一の工法です。

リ・パイプ(リパイプ)ブロック工法は3つの特許をもった当社独技術の工法です。

フラッシング工法

給湯管内の汚れを薬品と水で洗浄する作業になります。

特許第6433042号
特許第6433042号

銅管は研磨をせず、独自のフラッシュ剤でフラッシングをして汚れを排出する特殊素地処理を行います。

薬品と空気の気液混合断続洗浄が、銅管内の十数種類ある腐食生成物やシリカスケールを綺麗に除去します。

しかも銅管の素材は、一切傷つけません。

これを可能にしたのが、当社オリジナルの「フラッシングマシン」です。他にはマネの出来ない特殊なマシンです。

 

※このフラッシングマシンも特許を取得しております。
(特許第6433042号)

リ・パイプブロックⅠ工法

給湯銅管内のフラッシング(薬品と水での洗浄)をして、銅管内ライニングを行います。

銅管の薬品洗浄して、ライニングする技術が工法特許を取得しました。

特許第6757030号
特許第6757030号

ダブルブロックライニングとは、第一層のライニングの後に第2層のライニングを行うオリジナル2層ライニング工法の事です。

 

塗装の耐久性と密着性、密閉性が格段にUPします。

 

(特許第6757030号)

リ・パイプブロックⅡ工法

特許第5796920号
特許第5796920号

給湯銅管の漏水穴を補修して再生させる工事になります。

漏水箇所をピンホールをブロックボールで補修し漏水を止めます。

 

独自のシリコンボールで、非常に細かい漏水の穴もしっかりと塞ぐことができます。

 

特許第5796920号

リ・パイプ ブロック工法ご紹介特設ページ

リ・パイプ ブロック工法の特許技術のご紹介など、分かりやすいストーリー仕立てでまとめてあります。

 

>>こちらから

関連リンク

詳しくはこちらから

動画紹介

リ・パイプブロック工法 PV

PAGETOP

日本リニューアル株式会社(リパイプ工法商標登録済み)
本社:
〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-11-22第一飛翔ビル TEL 0422-26-1117 FAX 0422-26-1118

Copyright (c) Nihon Renewal. All Rights Reserved.